« ホント近いです | メイン

驚愕の台詞、「貴方と私以外、みんな死んじゃえばいい・・」

アニメ「超時空要塞マクロス」がDVD化されたのを知り、今度かりてみようと思います。

マクロスシリーズは沢山出ていますが、私にとって「マクロス」は一作目だけです、テレビアニメであまりにも早く、美しい戦闘シーンで人気の出たマクロスは瞬く間に映画公開が決まった作品です。

異星人との戦い物でありながら、リン・ミンメイのアイドルストーリーを取り入れて、それまで戦争アニメといえば、男くさい話のはずだったのですが、マクロスは戦争アニメにアイドルを登場させた最初の作品でした。


そんな斬新なマクロスだったせいか、映画の宣伝もかなり奇抜でした、テレビでのCMは、パソコンに単語をいくつも描いて並べたようなのが驚きでした、その単語の内容は「宇宙戦争」「三角関係」「アイドル」「異星人」「未来アニメ」こんな感じで映画のストーリを単語のみで説明したシーンを映像の一環に見せたのです。

もっと驚いたのはラジオによる宣伝です。

一瞬音が無い時間の後、いきなり「どうしてあの人が見つけた歌を私がうたわなくちゃいけないの!」の台詞が。

その後ナレーターの映画の説明の後、「貴方と私以外、みんな死んじゃえばいい・・」それがラジオでのCMだったんです。

これはリン・ミンメイの映画の台詞で、あまりにも勝手極まりない強烈な台詞だと思いましたが、「これ以上のCMは無い!」とも思いました。

映画も当時にしては、美しい絵で、しかも今では考えられない全て手書きの時代です。

いろんな意味で貴重な作品でした、あの「マクロス」は、また同じ感動をさせてくれるかDVDで確かめてみたいと思います。

About

2012年8月20日 12:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホント近いです」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。