« ウォーターサーバーの意外な?問題 | メイン | エンゲージリングのデザインと予算 »

軽井沢の別荘へ

 上質な別荘地として有名な軽井沢。
 軽井沢の周辺は標高が高く、年間の平均気温が7度から8度くらいです。東京の年間平均温度が18度ほどなので、10℃も差があるということになりますね。夏場はクーラーはいりませんし、熱帯夜もなく、布団を掛けて寝るとちょうど気持ちが良いほどだそうですよ。

 夏場は、山間部などで天気が変わりやすく降水量も多いです。特に7月は雨が多くなっており、局地的に大雨が降ることもありますから、十分対策をしてお出掛けくださいね。また、冬場は、空気が澄んで晴天率は70%から80%です。雪遊びやスノートレッキングなどのアクティビティも楽しめます。ただ、冬場の最低気温は、氷点下15度から18度くらいにまで下がる日もありますから、寒さ対策には万全を期しておきたいものです。

 また、駅から徒歩で行ける場所に、素敵でオシャレなお店が立ち並ぶ観光客に大人気の旧軽井沢銀座がありますし、ファミリーで楽しむことのできる軽井沢タリアセンや、アウトレットモールなども揃っています。
少し足を伸ばすと、草津温泉もありますし、そのほかにも観光スポット満載の軽井沢です。訪れるのであれば、最低でも、2・3泊はしたいものですね。


About

2008年8月23日 11:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ウォーターサーバーの意外な?問題」です。

次の投稿は「エンゲージリングのデザインと予算」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。